日の出医療福祉グループ

  • ふかえ虹こども園

防犯訓練がありました。

こんにちは。ふかえ虹こども園です。

 

 

5/12(水)

今日は防犯訓練がありました。

不審者は正面玄関から、怪しげな格好をして入ってきました。

 

いつもの避難訓練とは違い、非常ベルや放送がなかったため

子どもたちも「なにがあったの??」と戸惑いを見せていましたが

静かに素早く避難することが出来ていました。

 

その後はすみれ組(4歳)とふじ組(5歳)の子どもたちはホールへ行き、

わかば組(3歳)は保育室にて防犯のお話を聞きました。

 

 

 

いか・・・知らない人についていかない

・・・車にらない

・・・おきな声で助けを呼ぶ

・・・ぐにげる

・・・大人にらせる

 

 

 

この「いかのおすし」の合言葉がなぜ大切なのか?

なぜ知らない人についていかないのか?

ということをみんなで一緒に考えることが出来ました。

「不審者は嘘をついているかもしれない!」「知らない所に連れていかれるから車は乗らない!」

と予想しながら答える子もいました。

 

 

「いかのおすし」についてしっかり学んだ後は

先生が不審者役になって子どもたちと実演しました。

(不審者が連れ去ろうとするところを「いかない!」と抵抗しています。)

(「たすけて!!」と叫んで大人に知らせているところです。)

 

 

いかのおすしのお約束をしっかり守り、大きな声で助けを呼んだり

「いかない!!」としっかり不審者に断ることが出来ていました。

 

 

お昼寝の前は、「しらないひとにきをつけて」という防犯安全の紙芝居を見ました。

避難訓練のお話を覚えていた子どもたちは、真剣な顔で紙芝居を見ながら

「知らない人だから行っちゃダメだよ!」と自信満々に話す姿が見られました。

 

 

 

 

Work on Hinode

カテゴリー