• 南よの虹保育園

苗木のスクールステイ

こんにちは☀南よの虹保育園です 😀

今日は年長組さんがどんぐり記念樹の植樹を行いました 😀

 

なぜ、どんぐりの植樹を行ったかというと
第75回全国植樹祭に向けた

「苗木のスクールステイ」
に参加することになったため。

全国植樹祭とは、木を植えて森を作ることの大切さを
人々に知ってもらうために始まった行事で、
天皇皇后両陛下が木を植えられ、種をまかれます。

その天皇皇后陛下の植える苗木を2年~3年かけて育てることになりました 💡

 

今回植えたどんぐりはこちら 😀 

「コナラ」「クヌギ」

まず初めに、埼玉県の職員の方に、どんぐりの植え方を教えてもらいました 😀

使うのはこちら。
土と肥料とスコップ 💡

しっかりお話を聞いて、いざ開始!

ポットに砂をスコップで入れました 😀

上の方までしっかり土を入れていきます!

上から2センチくらいのところまで土をいれたら、
いよいよどんぐりをのせていきます!

ここでどんぐりの置き方ですが…
縦に植えるのではなく、横向きに寝かせるそうです👆

しっかりどんぐりを置いて、
さらに上からもう一度砂のお布団をかぶせます!

これで完成!あとは水やりですね 😉

他のグループが植え終わるのを待っている間、
県の職員の方が、どんぐりの芽を見せてくださいました👀

見えますか??どんぐりの向かって右側にチョロッと何かがでているのが!
これがどんぐりの芽だそうです 😯

この芽はさわると成長が止まってしまうそう…

芽がどんぐりのお尻から出てくるので、
お尻を下にして植えると
成長しないので横向きに植えるそうです 💡 

ほかにも、1年で30㎝から50㎝になるんだよ~
しいたけの原木にもなるんだよ~など
色んな事を教えてくださいました 😀

 

そして、このどんぐりが成長した後のお話。

「山に植えて20年~30年成長したら
切って椅子やテーブルを作るんだよ

そしてまた新しい木を植えて
森林資源を循環利用するんだよ」と教えて頂きました。

大切な資源である木を、
まずは全国植樹祭まで年長組のみんなで
しっかり育てていきたいと思います✊

 

植樹のあと、水やりをしてくれた年中さんも
この先卒園まで一緒に育てていってくれる
頼もしいお友だちです 😀

 

Work on Hinode
カテゴリー