日の出医療福祉グループ

  • 広報

働き方改革!子連れ勤務をリポート

元気いっぱい!!
きょうも賑やかな声が施設に響いています。

あ、動画で引き笑いをしているのは、広報の大西です。

一応、去年までは声を使った仕事をしていたのですが、
引き笑いだけは治りませんでした…(;”∀”)

 

話を戻しまして・・・っと


この子たちがいるのは
加古川市にある事業所「ゆとり庵別府」

看護小規模多機能型居宅介護事業や
少人数個別対応型の認知症デイサービス事業などを
展開しています。

 

ここで働く職員は37人
多くが30代の女性!

そのため、子育て真っ只中!!という職員がほとんど!

というわけで
働くママさんをサポートしようと
日の出医療福祉グループは
“ゆとり庵”の名の付く9事業所で
子連れ勤務を推奨しているのです(*’▽’)


現在は、10人の職員の子供19人が日々
代わる代わる事業所にやってきています。

この日は、午前中保育園等に行っていた男の子2人と、2歳の女の子1人の
合わせて3人が、思い思いに施設で遊んでいました。

子供たちだけで遊ぶこともあれば・・・

 

利用者の方々と一緒に作業することも。

子供がいると、利用者さまの頬は自然と緩んで素敵な笑顔に(*^^*)


「うえーーん」
「あらあらどうしたの」

利用者さまが、あやしてくれました。
こんな光景もゆとり庵ではよく見られます。

核家族が今や当たり前になった時代、
おじいちゃん、おばあちゃんと子供たちの交流があるこの施設での時間は
かけがえのないものになっているようです。

働く親を間近で見られるとあって、
この事業所を巣立っていった子供の中には
「将来、介護士になりたい!」なんていう子もいるんですよ。

保育園や幼稚園では得られない経験をしている子供たち。
大きくなったら、おじいちゃん、おばあちゃんに優しい人に
なるんでしょうね~☆

 

働くのは5年ぶり!
念願の仕事復帰を果たした看護師
インタビュー♪

Qなぜゆとり庵別府で働こうと思ったのですか?
上の子が生まれるのを機に、仕事を辞めました。
その後、仕事を始めようと思ったのですが、
待機児童となってしまって無理で。下の子が生まれても両方とも待機児童。
働きたくても働けませんでした。
そんな中、子連れ出勤できる施設があると知って。
応募したら、家の近くのゆとり庵別府に配属してもらえて、
今年の7月から働いています。

Q子供と一緒に働くというのはいかがですか?
最初のころは、子供にとって慣れない事業所ということもあり
泣いてばかりで悩んでいましたが、
スタッフの方や利用者さまもいやな顔せずに見守ってくれていました。
おかげ様で今は子どもも事業所に慣れてくれたので働きやすいです。
スタッフ、利用者さまにご迷惑をかけていますが、とてもよくしていただいています。

Q今後の目標は?
今はパート職員ですが正職員になって、仕事も子育ても両立できるように頑張りたいです。

 

子供が保育園に入れなかった。
仕事をあきらめなきゃいけない。

 

そんな風に悩んでいるママさん達!!
時短勤務はもちろんOK
事業所内保育所もある日の出医療福祉グループで
働きませんか?

↓ ↓ ↓ ↓ クリック↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

 

Work on Hinode

カテゴリー